子供の徘徊を防止するには鍵の追加を考えましょう

子供が外に出ないように~徘徊防止に効果的な鍵~

子供の手が鍵に届くようになった時、鍵開けによる徘徊の対策を行わなければなりません。目を話した隙に外に出たら、大惨事につながるおそれがあるからです。子供の鍵開けを防ぐには徘徊防止をするために鍵を付ける必要があります。

徘徊防止のための鍵

補助鍵
子供はハイハイからあっという間に歩くようになり、走るようになります。そして鍵に手が届き、鍵開けもあっという間に習得します。そのため、本鍵に手が届くようになったのであれば、前もって補助鍵をつけて鍵開けの対策を練っておきましょう。補助鍵があれば本鍵を開けられたとしてもドアを開けることはできないので子供の徘徊を防ぐことができます。
セーフティサムターン
老人の徘徊予防に開発されたセーフティサムターンですが、これは子供の徘徊防止にも役立ちます。これはつまみではなく鍵式にしたサムターンであり、鍵がなければ内側からも開けることはできなくなります。そのため、鍵を自分で持っていれば子供が勝手に外に出ることはまずありません。
つまみに鍵を取り付ける
セーフティサムターンと同じように、つまみに細工を加える方法としてつまみそのものを鍵にする手段もあります。これは鍵交換によってつけることができ、サムターンのつまみに鍵を取り付けます。これを取り付けることにより、子供がつまみを回して外に出ようにも空回りするだけなので鍵開けができず、子供の徘徊を防ぐことが可能になります。

上記のような鍵ならば、子供が勝手に鍵開けをして出ていく心配はありません。また、交換も業者に依頼すればすぐに取り付けることができます。

TOPボタン